MENU

CLOSE

焦りは禁物?バストアップに必要な時間をかける感覚とは

焦りは禁物?バストアップに必要な時間をかける感覚とは

332views

カテゴリ:未分類

バストアップに焦りは禁物

バストアップに取り組む際に、焦ってはいけません。サプリメントの広告ではたったの1カ月で変化が実感できるようにPRしているものもありますが、現実はそう簡単ではありません。もちろん、1カ月程度でバストアップができた、という実感を得る人もいるでしょう。

しかしそれは、あくまで少数派です。その少数派の人と自分を比較してしまうと、この人は1カ月で達成したのに、私にはできなかったと、落ち込んでしまうことにもなりかねません。

バストアップはある程度時間をかけて取り組んだ方が、焦りなどマイナス感情が湧いてくることを避けやすくなります。バストアップに取り組む際は、少なくとも3カ月、もしくは半年は時間をかけることを、想定しておきましょう。

バストアップは時間をかける感覚を持って取り組もう

ここで少し、ダイエットについて考えてみましょう。ダイエットもバストアップ同様、多くの女性が持つ悩みの一つです。急激なダイエットがリバウンドを生むことは良く知られていますよね。実はバストアップも急激に達成すると、元に戻るリスクがあります。

その理由は、特別なサプリメントなどを活用してバストアップが上手くいったとしても、生活習慣の改善ができていない可能性が高いからです。バストアップをする際は、着用する下着や睡眠時間だけでなく、運動習慣を改善することや日々のマッサージなど、さまざまなことに取り組む必要があります。

そしてそれらは、バストアップを達成すれば辞めてもいい、という性質のものではありません。バストアップに成功して、生活習慣も改善されていることで、そのバストはキープされやすくなるのです。バストアップは時間をかける感覚を持って取り組むことが大切です。

豊胸手術のメリットとデメリット

豊胸手術のメリットについて

短期的なバストアップの方法としては、豊胸手術があります。ではそんな豊胸手術には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。豊胸手術のメリットは以下の通りです。

  • バストアップするサイズを選ぶことができる
  • シリコンを入れるので形まで選べる
  • 手術が終わった日から胸が大きくなる

自分の力でバストアップしようとすれば、バストアップができたとしても、バストの形までデザインすることはできません。豊胸手術であれば、シリコンの挿入により、バストの形まで選べるところは嬉しいポイントですよね。バストをただ大きくするだけでなく、形までこだわりたい場合、豊胸手術は検討する価値があるといえるでしょう。

豊胸手術のデメリットについて

では次に、豊胸手術によるデメリットを紹介していきます。

  • メスを使用するため、傷痕が残るリスクがある
  • メンテナンスが必要となるため経済的な余裕が必要
  • じっくりと触るとシリコンが入っていることが分かってしまう

豊胸手術の場合、短期的にバストアップは可能ですが、その後のメンテナンスが必要です。また傷痕が残るリスクがあるため、理想的なバストの形が手に入ったとしても、不満が残る可能性があります。このように豊胸手術には、メリットとデメリットの両方が存在しています。そのため豊胸手術を検討する際はその両方を見て慎重に考えることが必要です。

そしてメリットとデメリットがあるのは、他の方法でも同じことです。バストアップをする際は、どの方法が自分にとって良いのか、慎重に見極めることが大切です。

バストアップに適したマッサージ方法

マッサージによるバストアップはリスクが少ない

時間をかけるバストアップは、リスクが少ない、というメリットがあります。リスクが少ないバストアップ方法の一つはマッサージです。マッサージであれば、バストに傷がつく心配も、メンテナンスで美容整形に通う必要もありません。ではバストアップに適したマッサージ方法とは、どのようなものなのでしょうか。

バストは優しく刺激しよう

バストは優しく刺激することが大切です。バストへのマッサージは指圧ではありません。強く刺激すれば良い、というものではないことを理解しておきましょう。基本はソフトタッチで優しく動かしていくことが大切です。

バストは丁寧にマッサージしていけば、自然と上腕骨や鎖骨の筋肉の付着部なども、触れるようになってきます。そういった筋肉に対してアプローチする時も、優しく触ることを意識しましょう。

鎖骨のまわりもアプローチしよう

バストをマッサージする際は、鎖骨のまわりをアプローチすることも大切です。鎖骨はバストに関係する筋肉がいくつも付着している部分でもあります。この辺りは強い刺激を与えると痛みがあるので、優しく、少しだけ筋線維を動かすように触っていきましょう。最初はさする程度でも問題ありません。

二の腕へのアプローチ方法

バストアップのためにマッサージするなら、二の腕もしっかりと揉みほぐしておきましょう。二の腕の筋肉の多くは、肩甲骨や鎖骨に付着しています。二の腕の筋肉を緩めることは、バストの周囲の筋肉の緊張を和らげることにも関係します。そのため、マッサージを実施する際は、バストだけでなく、二の腕の方までしっかりと揉みほぐしておきましょう。

肩甲骨を動かそう

肩甲骨はバストアップの際に、かなり重要な部分です。その理由は、肩甲骨は肩や腕だけでなく、頸につながる筋肉が付着している骨でもあるからです。一番理想的なのは、プロのマッサージ師に肩甲骨まわりを揉みほぐしてもらうことですが、それはなかなか毎日できることではないですよね。そこでおすすめの方法があります。

それは肩甲骨をしっかりと動かすことです。肩をぐるぐる回す、または胸を開くような動きを意識的に取り入れましょう。そうすることで、肩甲骨まわりの筋肉がストレッチされ、バストの周囲の血の流れも健康的に保たれやすくなります。

サプリメントで必要な成分を取り入れよう

バストアップのためにマッサージをしていくなら、サプリメントで必要な成分を取り入れることも必要です。バストアップに取り入れるべき栄養成分としては、タンパク質やビタミンなどがあります。

ビタミン類は野菜や果物に多く含まれる栄養成分ですが、野菜が不足しがちな場合はサプリメントで摂取することを検討しましょう。サプリメントであれば、タンパク質やビタミンだけでなく、プエラリアなどのバストアップにとって嬉しい成分も効率的に取り入れることができます。

自分にとって心地よい方法を見つけよう

マッサージは自分にとって心地よい方法を見つけることも欠かせません。もちろん、最初に考えるべきことは正しい方法でマッサージすることです。しかしそれが自分には合わない、と感じた場合は、自分にとって心地よい方法にシフトしていきましょう。バストのマッサージはさするだけでも、それなりの影響が期待できます。

実際にマッサージには軽擦法という名称の手技があり、さするだけ、というアプローチも存在しています。たださすっているだけでも、乳腺やリンパ節への刺激にはなるので、意味がない、ということはありません。それに何より自分にとって心地よい方法が見つかれば、マッサージの時間が楽しみになりますよね。

バストアップにとって大切なことは、バストアップにプラスとなる習慣を身につけることです。バストアップしたら辞めたくなるマッサージではなく、いつまでも続けたくなるマッサージ方法を見つけましょう。時間はかかるかもしれませんが、そうすることで、バストアップした胸が、元に戻るリスクを低下させることにもつながるのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事