MENU

CLOSE

サプリメントを使わなくてもバストの栄養が摂取できます

サプリメントを使わなくてもバストの栄養が摂取できます

179views

カテゴリ:未分類

女性ホルモン=エストロゲン

バストは、女性ホルモンが特に集中している場所です。そのため、バストアップを目指したいのであれば、女性ホルモンを高めなければいけません。この女性ホルモンですが、エストロゲンというネーミングで呼ばれている場合もあります。つまり、エストロゲンを増やす必要があるということですね。

バストアップサプリメントを使うのはちょっと心配…という人は、食事を意識してみよう

エストロゲンを増やすのに一番手っ取り早いのは、バストアップ用のサプリメントを利用する方法です。しかし、サプリメントは、体調への悪影響が現れる場合もあるため、体質に合わない女性もたくさんいます。そんな女性は、食事を意識してエストロゲンを増やしてみましょう。どんな食べ物があるのか紹介してみましょう。

バストアップ成功のために摂取しておきたい食べ物はコレ!

バストアップを成功させたいのであれば、必ず食べておきたい食べ物は、大豆です!

エストロゲンそっくりな成分は大豆イソフラボン

大豆の中には、大豆イソフラボンという成分があります。 これはエストロゲンにそっくりな成分のため、バストアップ業界では、欠かすことのできない食べ物となっています。大豆をもとに作られている食べ物ならば、大豆イソフラボンが含まれていますから、豆腐や納豆、豆乳や味噌などをバランスよく食べておけば良いでしょう。

豆乳は基本的に3種類。バストアップに向いている豆乳とは?

先ほど、大豆イソフラボンが含まれている食材のひとつとして豆乳を取り上げました。一言で豆乳と言っても、3種類存在しているのをご存知でしょうか?成分無調整豆乳と調整豆乳と豆乳飲料の3つです。どれを飲んでも良いのですが、約200ml に含まれている大豆イソフラボンが一番多いのは成分無調整豆乳です。その量は68mg。

ちなみに、調整豆乳の場合は50mg、豆乳飲料は30mgとなっています。「1日あたり何杯の豆乳を飲むのか?」は個人差がありますから、飲む量を調整すれば、豆乳飲料でもカバーできないことはありません。しかし、手っ取り早くエストロゲンを摂取したいなら、成分無調整豆乳の方がいいかもしれませんね。

大豆イソフラボンの一日あたりの摂取量の目安とは?

大豆イソフラボンは摂取しまくっていればいいというわけではありません。個人差はあるものの、摂取しすぎると健康被害が現れる場合もあります。内閣府食品安全委員会事務局から平成18年に発表された研究結果によると、1日あたり75mg 前後が適切であると発表されました。

あくまでも目安ではありますが、頭の片隅に置いておけば、余計なトラブルを起こすことはないでしょう。

他にもある!バストアップに適した食べ物

バストアップに適した食べ物は大豆イソフラボンだけではありません。他には次のようなものがあります。

  • ザクロ

果物のクイーンとして知られているザクロにもエストロゲンがたくさん含まれています。一般的なスーパーマーケットでは販売していないケースもあるかもしれませんが、バストアップを目指すのであれば是非とも取り入れたい食材です。そのまま食べても良いですし、ジュースとして搾りたてを飲むのもおすすめです。

  • 唐辛子

唐辛子は新陳代謝を高めてくれる食べ物として有名です。新陳代謝とバストアップは大きく関係しています。バストアップマッサージを行っている女性も多いと思いますが、マッサージだけではなかなかうまくいかないと思う時には、唐辛子のような新陳代謝を高めてくれる食べ物を食べて、バスト周りの血流促進を意識しながらマッサージする方法も必要です。

  • マグロ

マグロには、たんぱく質がたっぷりと含まれています。タンパク質といえば、肌を形成している成分です。見栄えの良い美しいバストを目指す上では外せません。バストが大きくなっても、形や肌質の悪いバストなんて嫌ですよね?スキンケアの一環だと思って取り入れるようにしましょう。貧血予防にもつながるので、血液の循環も後押ししてくれますよ。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事