MENU

CLOSE

バストの筋トレをするならジムに通った方がいいの?

バストの筋トレをするならジムに通った方がいいの?

166views

カテゴリ:未分類

バストアップのための筋トレならジムに通わなくてもOK

ジムに通うメリットはたくさんあるけれど…

筋トレを効率的に行うなら、設備の充実したジムに通って知識や経験が豊富なトレーナーに見てもらうことが一番です。多くの人がジムに通っている理由は主にこのようなものですが、どれも自己流トレーニングの盲点をついています。

  • 正しい方法でトレーニングができる

筋トレには正しい方法やフォームがあります、それを守ることでちょうど良い負荷をかけることができる上に体への負担も最小限にすることができます。自己流の筋トレだと自分でフォームのずれに気づけないので知らないうちに楽をしていることや関節を痛めてしまうことがよくあります。よって、ハードなトレーニングを求める人ほどジムに通うことがおすすめです。

  • バランスよく鍛えることができる

自己流トレーニングの欠点と言えばそもそも筋肉を理解していないことです。私たちの体には目に見えているアウターマッスルとインナーマッスルがあり、それが組み合わさって体を作っています。その数は多く、特定のトレーニングだけしていると動かせる筋肉と動かさない筋肉に大きな差が出ます。

  • モチベーションが続く

また、トレーナーやジム仲間とのつながりがモチベーションを保つことも、トレーニングを続ける上で効果的と言えます。

バストアップをジムに頼らなくてよい理由

ただ、バストアップ目的の筋トレではわざわざジムに通う必要はありません。なぜなら、このような点がジムのメリットと合わないからです。

  • バストを鍛えるための筋肉が特定できる

バストの筋トレだけが目的なら鍛える部分は集中できますし、どの部位が大切かも簡単に調べられます。ちなみに、バストアップに役立つのは大胸筋、小胸筋、前鋸筋などです。この3つが大事だと分かっていれば、トレーニングもそう多種多様にはなりません。

  • 自宅で簡単にできる

バストアップを目的としたトレーニングは筋力が高まればOKなのでハードトレーニングで目立つほど筋肉をつけなくてよいのです。よって、自宅で自分のペースに合わせて筋トレをすれば十分です。

以上が、バストアップのためにジムに通わなくてよい理由ですが、これがお尻も豊かにしたい、くびれを作りたい、痩せたい、姿勢を正したい、美しい背中にしたいなど、願望が増えてきた場合はジムに頼ったほうが良いのは言うまでもありません。ここまでいくと筋トレどころかボディメイクまで必要になります。

筋トレと一緒にサプリメントやマッサージも行うと効果が高まります

女性ホルモンを手軽に増やすならサプリメントがおすすめ

さらに、筋トレと一緒にサプリやマッサージをすることでバストアップ効果が高まります。サプリメントを飲むことで一時的に女性ホルモンが増やせるのですが、これはサプリメントの原料に使われる植物性エストロゲンの効果です。これは体内で女性ホルモンとして働く成分の総称で、たとえばイソフラボンやリグナンなどが主要な成分として知られています。

サプリメントで気になるのは副作用ですが、医薬品認定されないくらいの強さなので適量を飲んで重大な副作用が出ることは考えづらいです。ただし、サプリメントで増えるのはエストロゲンなので、プロゲステロン優位の時に飲むとホルモンバランスが乱れることもあります。生理周期に合わせて量を調節しましょう。

マッサージの効果は女性ホルモンを増やすだけじゃない

マッサージにも女性ホルモンを増やす効果がありますが、大事なのはそれだけではありません。マッサージをすることでバストの血行やリンパの流れもよくできます。いくら女性ホルモンが増えてもバストに栄養が行きわたらなければバストは大きくなりませんし、老廃物が溜まるとバストが老けてしまいます。だからこそ、毎日のバストケアが必要なのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事