MENU

CLOSE

バストアップのために積極的に摂りたい栄養素って何?

バストアップのために積極的に摂りたい栄養素って何?

178views

カテゴリ:未分類

バストアップに必要な栄養素について!

一般的にバストアップに良いと言われている食べ物には、大豆食品や乳製品などがあります。大豆食品や乳製品には、筋肉や血を作る栄養素であるタンパク質が多く含まれています。また、その他にも美しいバスト作りに欠かせない栄養素をバランスよく食べることで、形の良いバスト作りとサイズアップ効果が期待できます。

タンパク質

まず、バストアップに必要な栄養素といえば、タンパク質です。 タンパク質は筋肉や血、骨などを作る成分であり、ホルモンの分泌などにも働きます。また、女性ホルモンの分泌を促し、豊かなバストを作るためには重要な栄養素です。このタンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、両方をバランスよく取るのがバストアップの秘訣です。

そして、特に痩せ型の人は両方をバランスよく摂り、体型が気になる人は、植物性タンパク質を中心にしっかりと摂るのがいいでしょう。1日に必要なタンパク質は、体重が50kgの人であれば50g程度必要になると言われています。

タンパク質が不足してしまうと筋肉や体力が落ちたり、貧血の原因にもなるため注意が必要です。タンパク質が含まれている主な食品については、以下の通りです。

  • 動物性タンパク質

肉類、魚類、チーズ、ヨーグルト、牛乳、卵など

  • 植物性タンパク質

大豆、納豆、豆乳、豆腐、高野豆腐、アーモンドなど

▲ビタミンA

ビタミンAは、艶やかなバストを作るために必要な成分です。ビタミンAには、肌や粘膜を正常に保つ働きがあるため、不足すると肌荒れの原因になってしまいます。そのため、バストアップと一緒に美肌作りには欠かすことのできないビタミンです。

また、体内でビタミンAに変わるカロチンもおすすめです。ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、調理の際に油で炒めると吸収力がアップします。ビタミンAとカロチンが含まれている主な食品については、以下の通りです。

  • ビタミンA

レバー、ピーマン、ウナギ、チーズ、バターなど

  • カロチン

ニンジン、カボチャ、ホウレン草、モロヘイヤなど

ビタミンB6 

ビタミンB6は、タンパク質の代謝に欠かせない栄養素で、女性ホルモンのエストロゲンに働きかけることで、ふっくらとしたバストを作ります。また、ビタミンB6が不足してしまうと、肌荒れやニキビ、口内炎などの肌トラブルの原因にもなります。ビタミンB6が含まれている主な食品については、以下の通りです

  • マグロ、サンマ、イワシ、レバー、卵、バナナなど

▲ビタミンC

ビタミンCは、シミの元となるメラニン色素の合成を抑える働きがあり、コラーゲンの合成にも関わっているため、美乳作りには欠かせないビタミンです。また、免疫力を高めたり、抗酸化作用などもあります。

そして、ビタミンCが不足してしまうと風邪をひきやすくなったり、身体が疲れやすくなったり、シミやシワなどの肌が老化する原因となります。ビタミンCが含まれている主な食品については、以下の通りです

  • アセロラ、レモン、パセリ、パプリカ、ブロッコリー、ピーマン、ホウレン草など

忙しい人におすすめのバストアップ方法について!

バストアップのためには、日頃からバストアップにいいとされている食品を積極的に摂ることが大切ですが、忙しくてなかなかこのような食品を摂ることが難しい場合は、バストアップサプリメントを摂取するという方法があります。

バストアップサプリメントには、女性ホルモンの代わりになる大豆イソフラボンやプエラリアなどの成分、さらにビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれているものが多数あります。これらのサプリメントを摂取しながら、マッサージやストレッチなどを行っていくことで、バストアップに繋がります。

マッサージやストレッチは血行を良くし、ホルモンの分泌を促すため、バストアップサプリメントとの相乗効果が期待できるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事