MENU

CLOSE

今日から実践!バストアップマッサージのチェックポイント3選

今日から実践!バストアップマッサージのチェックポイント3選

199views

カテゴリ:未分類

バストアップマッサージのチェックポイント

マッサージのやり過ぎは逆効果

バストアップサプリメントや食事など、他の様々な方法と併用することで抜群の効果が期待できるのが、バストアップマッサージです。

バストアップ効果が期待できるマッサージとして様々な手法がありますが、いずれの手法も、実際に行う上で必ず注意しておきたいのが、マッサージのやり過ぎは避けるべきという点です。

素人判断だと、マッサージを一度にたくさん実践する毎に効果が実感できると思われがちですが、実際のところ、バストアップマッサージをやり過ぎることで、胸を豊かにするどころか、胸筋や胸腺を中心に組織を痛めてしまい逆効果となってしまう恐れも。

バストアップアップ効果を最大限に実感するためには、マッサージも適度な回数や時間を事前に決めた上で行うのが重要です。

血行が促進されやすいタイミングで実践を

バストアップマッサージを実際に行うタイミングとしてベストなのが、血行が特に促進されやすい時期です。

そして、一日の生活の中で最も血行が促進されやすいのが入浴時で、体温よりも高い温度のお湯で身体全体を温めながら洗うことで、徐々に体温を高め血行を促進する効果が期待できます。この時、身体を洗った後などに連続してバストアップマッサージを行うことで、入浴時以外のタイミングで行った場合と比べ、バストアップ効果が何倍も期待できます。

更に、バストアップ効果を持つサプリメントや食事を事前に摂り入れておいたり、マッサージの摩擦と刺激を下げる効果を持ったオイルやクリームなどを併用する方法も有効です。

筋肉のコリを落としながらのマッサージが有効

バストアップを実現する上で必ず把握しておきたいのが、胸筋を中心とした胸部周辺の筋肉組織について。胸部の筋肉がどのような形で配置されどういった方法を使ってこれらの筋肉を鍛えられるかで、美しく見栄えの良いバストを作り上げられるかどうかが決定づけられます。

また、同時に注意しておきたいのが、これらの筋肉が凝っていないかどうか?も併せてチェックしておくという点。実は、胸部の筋肉は、日常生活の中でも比較的疲労しやすい筋肉の一種で、筋肉が疲労し続けた状態だと、せっかくのバストアップマッサージの効果自体が発現しづらくなってしまいます。

マッサージを実際に行う際には、まずは首やワキを中心とした筋肉を手のひらで優しくもみほぐすように意識しながら刺激することで、筋肉の疲労を取りながら同時に胸部に対して適切なバストアップ効果を与えられます。

バストアップ成分を持つ他の手法との併用で効果アップも

バストアップをできるだけ短時間で効果的に実践するためには、バストアップ効果が期待できるマッサージを単一で行うよりも、サプリメントやイソフラボンなどの成分がたっぷり含まれた食事などを同時に摂取するなど、他の方法と併用した手法が大変有効です。

医薬品などを掛け合わせて飲むのとは違い、食事やサプリメントには副作用などの症状がほぼ皆無であること、マッサージはあくまでも刺激を与えることで血流を促進し、同時に筋肉をもみほぐしながら鍛える効果に留まっているので、併用しても身体に悪影響を与えにくいという特徴があります。

また、マッサージを行う際には、できるだけマッサージ用のクリームやオイルなど潤滑効果があるアイテムを併用することをお奨めします。

初めてマッサージを行う方ほど強い刺激を与えすぎてしまい、バストアップ効果よりも肌を傷めたり胸腺を傷つけてしまうケースが多く、これらのトラブルを未然に防ぐためにも、優しいマッサージを心がけるのがポイントです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事