MENU

CLOSE

バストアップサプリは怖くない!体調に合わせて無理をせず!

バストアップサプリは怖くない!体調に合わせて無理をせず!

206views

カテゴリ:未分類

バストアップのサプリメントは怖くない

バストアップのサプリメントの仕組み

バストアップに効果があると謳うサプリメントの成分に必ずといっていいほど含まれている成分があります。それはプエラリア・ミリフィカです。これは豆の一種で、女性ホルモンに似た作用のある植物性エストロゲン・イソフラボンという成分が豊富に含まれています。体内の女性ホルモンの分泌を促進してくれる作用もあります。

これがバストアップを含め、女性らしいまるみのある体型になるのを促してくれます。サプリメントを飲むだけでなく、日々マッサージをすることでより効果が出やすくなります。またマッサージは肌の状態を良くし、形の整ったバストの成長を助けてくれます。

病気のリスクはありませんが、定期的な検診を

バストアップのサプリメントを飲み続けると女性ホルモンが身体の中に多くなりすぎてしまうのではないかと心配になってしまう人もいます。女性ホルモンに多くさらされることで、子宮体がんや乳がんを患っていると病状が悪化してしまうことがあります。また、子宮内膜増殖症、子宮内膜症、子宮筋腫、乳房の良性疾患などの症状も進めてしまうことがあります。

しかし、女性ホルモンやプエラリア・ミリフィカ自体には発がん性はありません。定期的な検診を心がけることで、リスクを下げることができます。気になる症状がある場合は放っておかずに病院に相談をしましょう。また、日々マッサージをすることで、乳がんの早期発見をしやすくなります。

様子を見ながらサプリメントを

バストアップのサプリメントにリスクが全くないとは言い切れません。しかし、怖がり過ぎる必要はありません。最初は少量からサプリメントを飲み始め、様子を見てみましょう。特に不調が無ければそのまま飲み続け、定期的に婦人科の検診を受けるようにしましょう。生理前後や生理中はサプリメントの量を減らすようにしたり、飲むのを休んでしまう方法もあります。

副作用が出たら飲む量を減らしたり、休んで大丈夫

サプリメントは無理をして飲まない

バストアップサプリメントの副作用のリスクはゼロではありません。吐き気や頭痛、肌荒れなどを引き起こしてしまう場合があります。また、長期的な摂取で婦人病を悪化させる可能性も全くないわけではありません。

吐き気や頭痛、肌荒れなどの症状が出てしまったら、無理をしてサプリメントを飲む必要はありません。飲む量を減らすようにしたり、一旦休んでしまいましょう。とくに、生理前後や生理中は身体がデリケートになっているので副作用が出やすいです。

マッサージと併用でじっくりと取り組みましょう

バストアップを目指したいのに、思うようにサプリメントを飲めないと焦ってしまいがちですが、マッサージとサプリメントを併用してじっくりと取り組む方法を取るようにしましょう。生理が終わってからならばサプリメントの副作用は出にくいです。

低用量ピルとは併用をしない

バストアップサプリメントは低用量ピルとの併用はおすすめできません。女性ホルモンの作用が強く出過ぎてしまうことがあります。低用量ピル自体にもバストアップを促す作用があるので、低用量ピルを服用しているのならばバストアップサプリは必要ない場合も多いです。

生理不順や生理痛にも悩んでいて、今すぐの妊娠を望んでいないならば低用量ピルのほうが向いている場合もあります。

サプリメントは水で飲み、しっかりと睡眠を

副作用を出しにくくするためにはサプリメントは水で飲むようにしましょう。また、しっかりと睡眠をとるようにしたり、バランスの良い食生活、適度な運動も心がけるようにしましょう。体調がよく、体力がある状態ならばサプリメントの副作用が出にくくなり、バストアップの効果も出やすいです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事