MENU

CLOSE

バストアップサプリの定番!「プエラリア」の効果と副作用を解説

バストアップサプリの定番!「プエラリア」の効果と副作用を解説

184views

カテゴリ:未分類

プエラリアのバストアップ効果

プエラリアの摂取でバストアップする理由とは

バストアップ効果を得るためには女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用を活性化する必要があります。成長期や妊娠時などに女性のバストが大きくなるのは女性ホルモンの分泌が活発になるからであり、バストアップマッサージなどの方法もエストロゲンが持つ作用を活性化することを目的としています。

バストの約9割は脂肪組織で構成されていますが、この脂肪組織を覆うようにして乳腺という組織が網の目状に広がっています。そして体内の女性ホルモンの分泌量が増加することで乳腺が発達しますが、その際に乳腺の周囲にある脂肪組織が増加します。バストはそのほとんどが脂肪組織で出来ているため、脂肪が増えることでバストが大きくなります。

そのためバストアップサプリメントの多くも、バストマッサージなどの方法と同様にエストロゲンが持つ作用の活性化によってバストアップを実現することを目的としています。

そしてプエラリアにはエストロゲンとよく似た働きを持つことで植物性エストロゲンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、バストアップエクササイズやバストアップマッサージなどの方法と並行してプエラリアが含まれているサプリメントを摂取することで、高いバストアップ効果が得られます。

プエラリアに含まれているバストアップ成分

女性ホルモンの効果を活性化することでバストアップを実現する成分として先に注目された成分は、大豆に含まれているイソフラボンでした。イソフラボンはエストロゲンと似た働きを持つことで植物性エストロゲンと呼ばれる成分の一つであり、現在でも多くのバストアップサプリメントなどに使用されています。

しかしプエラリアはイソフラボンに加えて、プエラリンやミロエステロール、デオキシミロエステロールなど他にも多くの植物性エストロゲンを含んでいることが判明しました。

プエラリアの方が大豆よりも女性ホルモンの作用を活性化する優れた効果を発揮するため、バストアップサプリメントの成分として一躍注目を集めるようになり、現在では多くのバストアップサプリメントに使用されています。

プエラリアの副作用

プエラリアの過剰摂取による副作用のリスクについて

バストアップを実現するためにはエストロゲンという女性ホルモンの分泌を促進する必要がありますが、身体の健康はエストロゲンともう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンのバランスが保たれることで維持されています。

そのため、プエラリアの過剰摂取などが原因で体内でエストロゲンの作用が過剰になると、ホルモンバランスが乱れてしまい様々な副作用を発症する可能性があります。1日あたりのプエラリアの上限摂取量は200mg~400mgであり、バストアップの効果を高めたいからといってそれ以上の量を摂取したりせずに、用法用量を守ってサプリメントを摂取する必要があります。

そしてプエラリアを含むサプリメントを摂取して副作用を発症した場合はすぐにサプリメントの摂取を中止して、次に使用する場合は身体の調子に合わせて摂取量を減らすことが大切です。

発症する可能性がある副作用

プエラリアの過剰摂取が原因で発症する可能性がある副作用は以下の通りです。

  • 生理不順
  • 不正出血
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 動悸
  • むくみ
  • 肌荒れ
  • 吐き気

副作用を発症しやすいタイプ

プエラリアは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの作用を活性化することでバストアップを実現します。

しかし、十代の若い女性は成長期なのでもともとエストロゲンの分泌量が多いため、そこにさらにプエラリアを摂取してエストロゲンの作用を活性化すると、エストロゲンの作用が過剰になり体内のホルモンバランスが乱れてしまうことで副作用を発症する場合があります。

また妊娠中や授乳期の女性も、十代の女性と同様に体内で女性ホルモンの分泌が活性化しているため、プエラリアを摂取することでホルモンバランスが乱れて副作用を発症する可能性があります。

特に出産後は、母乳を通してプエラリアの成分が赤ちゃんの身体に入り、健康障害や成長障害などを引き起こす原因になるなど悪影響を与えるリスクがあるため、授乳期はプエラリアの摂取を控える必要があります。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事