MENU

CLOSE

バストの土台となる大胸筋と小胸筋を鍛えてバストアップ!

バストの土台となる大胸筋と小胸筋を鍛えてバストアップ!

242views

カテゴリ:未分類

大胸筋と小胸筋は鍛え方が違う!

胸筋には大胸筋と小胸筋がありますが、これらはバスト全体を支える大切な筋肉です。大胸筋と小胸筋を鍛えることで、バストアップやバストの下垂防止だけではなく、肩こりや猫背などの改善、血行促進、冷え性の改善など、女性には嬉しい効果がたくさんあります。

バストアップするためには、それぞれの筋肉をそれぞれの適した方法でケアしていくことが大切です。バストを支える土台となる大胸筋は鍛えて、小胸筋はほぐしていくようにしましょう。

大胸筋のエクササイズ!

バストの土台となる大胸筋を鍛えるエクササイズの方法です。まず、バストの前で合掌するように手のひらを合わせます。そして、互いの手のひらを力を入れて押し合いましょう。この体勢を7秒間キープし、10回程度行います。これに慣れてきたら、今度は手のひらを合わせる位置をバストの右、左、真ん中という風に順番に移動させてみましょう。これも10回程度行いましょう。

テニスボールを使った小胸筋ほぐしエクササイズ!

小胸筋は胸部の内側にあるインナーマッスルで、疲労しやすい筋肉であるため、固まった筋肉を柔らかくほぐしてあげることが大切です。この小胸筋のエクササイズは、テニスボールを使用して行います。

まず、脇の上の指4本分の少し内側にテニスボールを当てます。その上に両手を乗せて、小さい円を描くように30秒程度グリグリとゆっくり圧力をかけていきます。こうすることで、小胸筋が徐々にほぐれていくのです。これを左右3セット行いましょう。

上向きバストを作る小胸筋エクササイズ!

小胸筋は、バストを上向きに引き上げてくれる重要な筋肉でもあります。優しくほぐしてあげることがポイントです。この小胸筋のエクササイズの方法は、まず、ガッツポーズするように、身体の前で肘を90度に曲げましょう。

そして、ゆっくりと、肘を背中側に開いていき、また、肘を身体の前で合わせます。これを数回繰り返しましょう。 このエクササイズをする際は、肩甲骨の動きを意識して行うとより効果的です。

エクササイズの効果を上げる方法とは?

普通にこのようなエクササイズをするだけでも効果は十分にありますが、さらに効果を高める方法があります。エクササイズの効果を高める方法については、以下の通りです。

  • 深呼吸をしながら行うこと

エクササイズを行う際には、深呼吸をしながら行うことで酸素をしっかり取り入れることができ、胸の筋肉をさらに強化することができます。

  • お風呂上がりに行うこと

基本的に、エクササイズやマッサージなどの効果を上げるためには、バスタイムやお風呂上りなどの身体が温まっている状態で行うのが効果的です。入浴すると身体がほぐれるため、血液やリンパの流れが良くなります。この状態でエクササイズやマッサージを行うことで、老廃物などが流れやすくなり、さらに全身に栄養が届きやすいのです。

さらに、これが深い睡眠にも繋がるため、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌をスムーズに促すことができます。成長ホルモンや女性ホルモンのスムーズな分泌は、バストアップに繋がります。

バストアップサプリメントの成分について!

バストアップを目指している人は、バストアップ効果のあるサプリメントの摂取がおすすめです。バストアップサプリメントはさまざまなものが販売されていますが、商品によって配合されている成分も異なっています。

例えば、女性ホルモンを整える働きのあるプラセンタやマカ、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと同じような働きをする大豆イソフラボンやプエラリアなどの成分があります。これらのさまざまな成分の中から、自分にあったサプリメントを選び、適切に摂取していくことで、バストアップ効果が期待できます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事