MENU

CLOSE

大胸筋を鍛えるエクササイズでバストの下垂を防ごう!

大胸筋を鍛えるエクササイズでバストの下垂を防ごう!

175views

カテゴリ:未分類

エクササイズや運動で形の良いバスト作り!

バストは年齢を重ねると共に形が崩れたり、下垂してしまうものです。女性が魅力的であるためには、バストの形を綺麗に保つことも大切です。いつまでもハリや弾力のあるバストを保ちたいというのは、女性の切なる願いではないでしょうか。バストはヒップと同様に体の部位の中では脂肪が多いため、鍛えなければ重力の影響を受けやすいのです。

そのため、加齢と共に垂れ下がってきてしまうのです。しかし、老化による体の変化を運動やエクササイズ、マッサージなどによって、維持することができるのです。そのため、運動や正しいエクササイズなどを行うことによって、形の良いバストを保つことは十分に可能といえるでしょう。

大胸筋を鍛えてバストの下垂を防止!

バストを支える筋肉は大胸筋であり、この大胸筋を鍛える事で重力と加齢によるバストの下垂を食い止め、バストアップしていくことができます。このエクササイズは、自宅で簡単に行う事ができます。大胸筋を鍛えるエクササイズの方法については、以下の通りです。

まず、立ち上がって、背筋を真っすぐに伸ばします。そして、次に手と手をバストの前で合わせ、合掌のポーズを作ります。そして、呼吸を整えてから、手のひら同士を10秒程度、強く押し合うようにして力を入れます。この時、大胸筋に負荷を与えていることを感じながら行うことが大切です。

有酸素運動を行ってバストアップ!

バストアップを目指す人にとっては、有酸素運動は欠かせないものです。有酸素運動を行うとホルモンの分泌が活性化され、新陳代謝を良くすることができます。有酸素運動を行うことによりバストの基盤となる筋肉を鍛え、バストがサイズダウンすることなく、身体の引き締め効果も期待できます。

そうすることで、バストをより大きく見せる効果も期待できます。有酸素運動で特に有名なものとしては、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどがあります。しかし、ジョギングやエアロビクスの場合は、バストの上下の揺れがどうしても大きくなるため、バストにあるクーパー靭帯が伸びてしまう可能性があります。

それがバストの下垂の原因を作ってしまう可能性も考えられるため、あまりおすすめはできません。もちろん、スポーツブラを着用することでバストの揺れを軽減する効果はありますが、全く揺れないわけではありません。そのため、バストアップを目指したい場合は、ウォーキングをおすすめします。

ホルモンバランスが乱れている人のバストアップ方法!

ストレスはバストアップを阻害する!?

バストアップとストレスには何の関係もないように思えますが、実は、ストレスを溜め込んでしまうと、ホルモンのバランスを崩す原因になります。ホルモンバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンの分泌がスムーズいきません。

特に、エストロゲンは、女性のバストを大きくするのに欠かすことのできないホルモンであり、エストロゲンの分泌が促されなければ、バストアップすることはできないのです。そのため、女性にとってホルモンバランスを整えることはとても大切なことであり、ストレスを感じた場合はすぐに解消するようにしましょう。

サプリメントでバストアップをサポート!

ホルモンバランスが乱れがちで、なかなか思うようにバストアップできない場合は、サプリメントの摂取をおすすめします。バストアップサプリメントにはいろいろなものがありますが、大豆イソフラボンやプエラリア、プラセンタなどの成分がバストアップに効果的と言われています。

これらの成分が配合されているサプリメントを毎日摂取しながら、エクササイズやマッサージなどを行うことで、バストのハリや弾力が生まれ、サイズアップが期待できるでしょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事