MENU

CLOSE

イソフラボンを摂取しやすい食べ物とバストアップ効果のメカニズム

イソフラボンを摂取しやすい食べ物とバストアップ効果のメカニズム

176views

カテゴリ:未分類

イソフラボンの摂取におすすめの食べ物

豆乳や納豆などの大豆製品

イソフラボンという栄養成分が、バストアップを初めとした様々な良的効果を備えた栄養素であることが一躍有名になった理由の1つに、豆乳やおからなど大豆を使った製品の存在が欠かせません。

ご存知の通り、日本で古来から食されてきた豆腐や味噌など大豆を加工した食品をはじめ、健康志向の高まりと共にダイエット飲料としても人気の高い豆乳など大豆を主原料にした食べ物には、大豆が本来持つ豊富なイソフラボンがたっぷりと存在しています。

中でも、1食当たりの分量に占めるイソフラボンが大量なのが豆乳で、コップ1杯弱の豆乳だけで70mgも摂取する事が可能に。また、同じく大豆加工食品として人気の高い納豆などにも豊富なイソフラボンが含有しているので、これらの食べ物を毎日の食事を通じて手軽に摂取するだけで、バストアップ効果への作用を期待することができます。

醤油や味噌などの調味料

私たち日本人の毎日の食生活に欠かせない存在なのが、醤油や味噌などの調味料です。実は、味噌や醤油などの調味料もまた、主原料として大豆を用いています。大豆を使って作られていると言う事は、大豆に含まれているイソフラボンがそのまま含有されているということに。

また、醤油や味噌などの大豆原料の調味料は、実際の製造行程で大量の大豆を使って作られている上、濃縮させて製造する独自の行程から、少量の醤油や大豆を摂取するだけで、大豆をそのまま摂取したときよりも遙かに大量のイソフラボンを採り入れることが期待できます。

特に、味噌や醤油といった調味料は、煮物や和え物など様々なジャンルの和食だけに留まらず、最近では中華料理など多国籍料理にも広く活用されているので、何気ない毎日の食事でもしっかりとイソフラボンの摂取を行えます。

きな粉

豆腐や味噌など大豆を主原料とする調味料や加工食品にだけイソフラボンが大量に含まれているというわけではありません。

生の大豆を煎った後、それを細かく粉状にすり下ろしたきな粉にもまた、驚くほど大量のイソフラボンが含有されています。

きな粉に含まれるイソフラボンの分量は、1食分あたりおよそ250mgにものぼり、これは納豆や豆乳に含まれる量を圧倒しているのが実状です。

和菓子などにも広く活用されているきな粉ですから、食事だけでなくスィーツなどでも手軽に摂取できるのが嬉しいポイントです。

イソフラボンが持つ作用でバストアップ効果を更に促進

大豆に多く含まれていることでも知られるイソフラボンには、なぜ女性にとって特に嬉しい作用でもあるバストアップ効果に大きく寄与してくれるのでしょうか?そのメカニズムを把握する上で欠かせないのが、女性の豊満なバストを作る上で欠かすことのできない女性ホルモンの存在が挙げられます。

人間には男性と女性という2つの性別が存在し、この2つの性別を大きく分ける要因となっているのが体内で分泌されるホルモンという成分で、男性らしい身体作りや特徴を作り出す役割を担っているのが男性ホルモンで、逆に女性らしい身体作りや特徴を作り出す役割を担っているのが女性ホルモンです。

この女性ホルモンは、年齢と共に徐々に生成能力が衰え、思春期を前後に最大の生成能力を維持します。ただし、女性ホルモンの生成能力には個人差があるので、ホルモンの分泌量が少ない女性よりも多い女性のほうが、より女性らしい身体を獲得できるというメカニズムに。

そして、大豆に含まれるイソフラボンという成分は、体内に摂り入れられることで女性ホルモンと似通った働きを発揮することが様々な研究で明らかになっています。

女性ホルモンの働きを行うイソフラボンを外部から摂取する方法を活用することによって、足りないホルモン量を補いつつ豊満なバスト作りを初めとした作用が期待できるというわけです。

また、イソフラボンをただ摂取するだけでなく、リンパマッサージなど豊胸効果が期待できるマッサージや、イソフラボンを含む大豆サプリメントなどサプリメント類という他の方法も併用することで、より効果的な作用が期待できます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事