MENU

CLOSE

過剰なマッサージは厳禁!効率的なバストアップのためのポイント

過剰なマッサージは厳禁!効率的なバストアップのためのポイント

196views

カテゴリ:未分類

マッサージのし過ぎが逆効果になることも

バストアップのためのマッサージ法は様々な種類があり、効果を実感する人もいます。しかし、マッサージのし過ぎには注意が必要で、クーパー靭帯をはじめとするバストをキープする組織にダメージを与えてしまうことがあるのです。クーパー靭帯はバストの張りを保つための繊維で、身体の内側からバストを支えています。

マッサージのし過ぎでクーパー繊維に傷がつくとバストが垂れる原因となるのです。バストアップを目指せば自然とバストの重量が増えるため、クーパー靭帯を保護することが非常に重要になってきます。力の入れ過ぎも危険なため、力加減にも注意を配る必要があります。バストアップのためのマッサージは、血行を良くし代謝を高めるものがほとんどです。

また、サプリメントで摂取した成分をバストに届けるためや、ホルモンバランスを整えるためにも用いられます。筋トレのようにある程度ダメージを与えて修復をするものではないため、違いをしっかり理解した方が良いのです。運動を組み合わせて、身体を絞りながらバストキープをする場合もクーパー靭帯に負担がかかりがちです。

運動時はスポーツブラで保護し、夜はナイトブラで保護するなどバストを守る意識も大切なのです。ただし、身体を鍛えればクーパー靭帯以外にも胸を支える筋肉がつくため、形の良いバストをキープしやすくなります。また、トップとアンダーの差をつけやすくなるのもポイントになります。

運動とストレッチ、サプリメントなどを組み合わせた方が相乗効果を見込めるため、短期間で効果を感じやすくなるのです。筋肉がつきにくい体質の人もいるため継続することも大切で、数カ月単位で計画的に行うのがおすすめです。

バストアップに本当に有効な成分は何か

バストアップに利用できる成分はいくつも発見されており、様々なサプリメントに含まれています。代表的なのは女性ホルモンと似た動きをするイソフラボンです。大豆などの食品に豊富に含まれており、植物によって効果効能に差があります。女性ホルモンはバストサイズに変動を与えやすく、特に生理の前後で大きくサイズが変わる人がいることでも知られています。

近年特に注目されているのがプエラリアで、大豆イソフラボンよりも効率的に女性ホルモンに作用すると言われています。プラセンタなど新陳代謝を高めてバストアップを図る成分と組み合わせればさらなる効果が期待できます。

アンチエイジング成分を配合して成長ホルモンの分泌量を高めてバストアップを目指すなど、サプリメントによっても何を重視するかが変わってくるのです。気を付けなければいけないのが、サプリメントを摂取しても生活習慣の乱れなどがあればマイナスになってしまう点です。

身体の中に残りづらい成分もあるため、しっかり休んでしっかり育てる意識が必要になります。マッサージや運動が大切なのはこの効率を良くするために必要だからです。体質や年齢によっては一つの方法では効果を得るまでにかなりの時間がかかってしまうことがあります。複数の方法を組み合わせ、しっかり睡眠をとってバランスを整える意識も大切なのです。

バストアップ中に気をつけたいことはまだあります。極端に栄養を偏らせた食事はバストアップの障害になります。特にたんぱく質はバストの張りやサイズアップを目指すために重要になります。たんぱく質やカロリーが不足してしまうと、筋肉が分解されて胸が垂れてしまう場合や、リバウンドの原因となることがあります。

リバウンドでつく脂肪は腕や太ももなどの筋肉が弱った部分に発生することが多く、セルライトの元となります。健康を意識しないと不自然なボディーバランスになり、悪影響を与える可能性が高まるのです。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事