MENU

CLOSE

実はNGだった?間違ったバストアップ法のチェックポイント

実はNGだった?間違ったバストアップ法のチェックポイント

211views

カテゴリ:未分類

逆効果となる方法とは

女性の方であれば、一度は誰しも何らかの方法を実践したことがあるといっても決して過言ではないのが、バストアップです。

現在では、バストアップとして様々な手法が広く紹介されており、食事を使った方法やサプリメントを活用した方法、筋トレやエクササイズ、マッサージを活用した方法まで、従来であれば豊胸手術などに限定されていたバストアップも、個人差に合わせた豊富な手法から選ぶ事ができるようになっています。

ところが、これら様々なバストアップ方法の中には、本来であれば効果があるはずにもかかわらず実は全く逆効果となってしまったり、効果自体がそもそも実感できないような間違った方法も少なからず存在しています。

せっかく、時間と手間をかけてまでバストアップを実践しているのにもかかわらず、実際には全く効果が得られなかったという最悪のケースに至る可能性も考えられます。では、実際にどのような方法が、効果が無かったり逆効果となってしまうのでしょうか?

間違ったバストアップ法

激しすぎるエクササイズやマッサージはNG

セルフケアでも実践できる手軽なバストアップ方法として広く活用されているもののなかに、エクササイズやマッサージなどが挙げられます。

リンパを刺激してホルモンバランスを整えたり分泌を促すようなものから、血行を促進することでバストアップを図る物まで、実に様々な手法が今日では紹介されています。

マッサージやエクササイズ自体は、バストアップに何らかの効果が期待できるので意味が無いわけではなく、実は有効な手段です。

ところが、マッサージやエクササイズでバストアップ効果を得るためには、そこに「正しい」方法であるという前提条件が求められます。

実際のところ、バストアップエクササイズやマッサージとして紹介されている物の中には、実践する事で部分的に痛みを感じる激しいタイプの物もありますが、実際のところ、痛みを感じるということは、強い刺激を与えすぎてしまっているという証拠に他なりません。

バストアップ効果を得る場合には強い痛みは全く必要ないので、効果が実感できるどころか、逆に患部を傷めてしまう恐れもあります。これらの手法を実践するのであれば、あくまでも優しい刺激を与える程度に留めた適切な方法を実践しましょう。

サプリメントの飲み合わせはNG

薬を利用する際にも飲み合わせという方法が活用されており、サプリメントでもこれらの方法を実践する方が少なくありません。

ただ、バストアップ効果を持つ成分が含まれたサプリメントを活用する場合には、この飲み合わせという方法は決して適切では無いというのが実状のようです。

複数種類のサプリメントを一度に摂取することで、それぞれのサプリメントが持つ有効成分をまとめて摂取できてバストアップ効果が何倍にも!と期待してしまいがちですが、実際にはサプリメントの成分は重複して得られません。

特に、混入されている成分によっては、お互いの成分がかち合ってしまい、せっかくの良効果が実感できないまま体外へと排出されてしまう恐れもあります。バストアップ効果を謳うサプリメントを活用するのであれば、できるだけ単一の商品だけを継続利用するのが賢明です。

バストアップに効果のある食べ物ばかりを食べる

バストアップ効果が手軽に期待できる方法として多くの方が実践しているものの1つに、食事法が挙げられます。

例えば、バストアップを図るのに欠かせない女性ホルモンを多くする上で有効な成分として大豆イソフラボンなどの栄養素が有名で、実際にイソフラボンを豊富に含んだ豆乳や豆腐、大豆製品などを摂取している方も少なくありません。

ところが、実際にはイソフラボンとそれを含む食材にバストアップ効果が備わっているにもかかわらず、これらの食材ばかり食べ続け、生命活動に欠かせない脂質や炭水化物やビタミンなどの栄養素が欠乏してしまった結果、体調を崩してしまったという方が続出しています。

バストアップという目的に盲信する余り、健康に生きる上で欠かせない栄養素を欠いてしまっては、バストアップも図れない上に身体を壊してしまう恐れもあります。美しい胸を作る上で健康な身体は最も重要な要素であるからこそ、バランスの取れた食事を通じてバストアップを目指しましょう。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事