MENU

CLOSE

タバコを吸うとバストアップできないって本当?

タバコを吸うとバストアップできないって本当?

162views

カテゴリ:未分類

タバコとバストアップの関係について!

一般的にタバコは健康に害を及ぼすことは知られていますが、実は、バストアップにも悪影響を及ぼす可能性があります。タバコを吸うと女性ホルモンの生成がスムーズに行かなくなり、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌を促すことが出来なくなるからです。

タバコがもたらす悪影響とは?

タバコとバストアップには、一見何の関係もなさそうに思えますが実際は深い関係があるのです。タバコがバストアップに悪影響を及ぼす理由については、以下の通りです。

  • 女性ホルモン分泌の低下

タバコに含まれるニコチンには、女性ホルモンのエストロゲンを分解したり、分泌を抑制する働きがあります。そのため、タバコを吸うことでバストアップに必要な女性ホルモンの分泌が少なくなってしまうのです。

たとえ生活習慣や食生活、運動などに気を付けていたとしても、バストアップの元となる女性ホルモンの分泌量が少なければ、バストが大きくなるまでに時間が掛かってしまうのです。さらに、女性ホルモンが低下することで、生理不順になったり、更年期などの症状も起こりやすくなります。

  • 血液循環が悪くなり冷え症に繋がる

タバコを吸うことでタバコに含まれる一酸化炭素が血中のヘモグロビンと結びつくと、全身の血液循環が非常に悪くなります。血行が悪い状態が続くと冷え性に繋がり、ホルモン分泌にも影響が出やすくなります。また、血液の流れが悪くなれば、バストアップに必要な栄養素やホルモンが行き渡りにくくなるため、食生活を改善しても効果が薄くなるのです。

  • ビタミンCを大量に消費するため美肌を妨げる

タバコを吸うとビタミンCを大量に消費します。ビタミンCは美肌ビタミンとも言われており、美しい肌作りのためには必要不可欠な栄養素です。また、血液中のエストロゲンの濃度を上げたり、働きを高めたりする作用もあります。しかし、タバコを吸うことで、ビタミンCが大量に失われると女性ホルモンの働きが鈍くなってしまうのです。

また、活性酸素が発生し、肌のハリやツヤを保つコラーゲンが劣化してしまいます。そして、血行不良により新陳代謝が悪くなり、必要な栄養素が身体に行き渡らなくなり肌の老化を招くのです。そのため、美乳を目指そうとストレッチやマッサージなどを頑張っていても、タバコを吸うだけでバストの弛みやシミなどに繋がりやすくなるのです。

喫煙者がバストアップする方法とは?

喫煙者のバストアップ法!

喫煙者がバストアップする方法については、以下の通りです。

  • 禁煙をする

最も確実で手っ取り早い方法が、禁煙をすることです。しかし、無理な禁煙によりストレスが溜まると、そのストレスで女性ホルモンが分泌されなくなる可能性も考えられます。その場合は、1日に吸うタバコの本数を減らしたり、上手くストレスを解消したりすることが大切です。

  • ビタミンCを摂取する

ビタミンCはエストロゲンの動きを高めたり、美肌を作る働きがありますが、タバコを吸うことで大量消費されるため、非喫煙者よりも多くのビタミンCを摂取する必要があります。ビタミンCは、パプリカやゴーヤ、ピーマンなどの野菜や、アセロラやキウイ、レモン、イチゴなどの果物に多く含まれています。

また、ビタミンCは水に溶けやすい水溶性ビタミンで、一度に大量に摂取してもすぐに排出されてしまうため、小まめ取ることが大切です。

  • バストアップサプリメントを飲む

バストアップサプリメントに配合されている大豆イソフラボンやプエラリアなどの成分は、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするため、不足した女性ホルモンを補充する効果が期待できます。

女性ホルモンと似た働きをする成分をサプリメントで摂取することで、バストアップに必要なエストロゲンを補うことができるのです。バストアップサプリメントを摂取しながら、さらにバストマッサージやエクササイズなどを合わせて行うことで、バストアップ効果が期待できます。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事