MENU

CLOSE

自宅以外でできるかも!ツボやエクササイズでバストアップ

自宅以外でできるかも!ツボやエクササイズでバストアップ

168views

カテゴリ:未分類

サプリメントの使用はちょっと心配ではありませんか?

バストアップを目指す女性は、「バストアップにはプエラリアミリフィカという成分が良い」とか、「サプリメントの摂取量に注意が必要」など、サプリメントとか成分の話をよく聞くと思います。メリットが呼びかけられることもあれば、デメリットが呼びかけられることもあるので、サプリメントってちょっと心配ですよね。

健康志向の女性も多いと思いますので、このようなアイテムをできるだけ避けてバストアップできないかとお悩みの女性もいるでしょう。そこで今回紹介したいのは、エクササイズやツボの概要です。

女性ホルモンを分泌させてくれるツボやエクササイズを紹介

スタンダードな取り組みとして推奨されているバストマッサージですが、マッサージ以外の取り組みも存在しています。その代表例の一つが、ツボを刺激するということです。ところが、このツボはバスト以外にも存在しています。「そんなところにも?」と思うツボもあるんですよ。

このようなツボを知っていれば、出先やオフィスなどでもバストアップを意識することができます。さすがに、人が見てる前でバストマッサージするのは恥ずかしいですから、便利ですよ!また、バストアップのためのエクササイズもあわせて紹介してみたいと思います。

湧泉

これは、足の裏に存在している女性ホルモンのツボです。足の真ん中よりも少しだけ足の指の方向に存在しています。少し、くぼんだ部分がこのツボです。手の親指などを利用しながら、痛みが出る直前までの力でぐりぐりとマッサージさせます。だいたい5回を1セットとして、3セットぐらいが理想的です。

内分泌

これは、耳に存在しているツボです。耳の中には、たくさんのくぼみが存在していますが、その一番下のくぼみが内分泌です。人差し指などで刺激させても良いですし、耳掃除の一環として綿棒を利用してもいいと思います。

ちょっと大雑把なやり方ですが、耳全体を引っ張りながらぐりぐりとマッサージさせる方法でも大丈夫です(どうしても時間がない時の方法)。くれぐれも力の入れすぎに注意してくださいね。ちょっと痛いけど気持ちいいと言うぐらいがベストです。

壇中

これは、左右のバストの真ん中にあるツボです。「バストに近いツボだから毎日刺激すれば効果的なんでしょ」 と思う女性が多いかもしれませんが、頻繁に刺激するのは少し注意が必要。なぜなら、心臓に近いツボだからです。

だから、刺激しすぎると体調が悪くなる場合があります。したがって、必ず体調の良い時に行ってください。指先でさする程度のマッサージで大丈夫です。乳房をマッサージする必要はないので、出先でもこっそり行えないことはないでしょう。

体幹エクササイズ

エクササイズというのは、面倒くさがりな女性からするとついついさぼりがちです。でも、バストアップにとても効果を発揮させてくれるので大切な行い。体幹を鍛えることで、身体全体の新陳代謝が高まり、バストへの栄養がめぐりやすくなります。

  • ポイント

この体幹トレーニングを行うときにポイントとなるのは、四つん這いの姿勢をとるということです。この状態でエクササイズをすると、バストに重心がかかるため、バストが垂れにくいエクササイズをすることができます。

  • 方法

四つん這いの状態から両肘を地面につけてください。この状態から、足は膝を離し、つま先で立つスタイルに変更。肘とつま先だけで体を支えるという姿勢ですね。この姿勢を約1分間キープしてください。これを3セット、分割して行いましょう。

合掌のポーズ

これは座りながらできる簡単なエクササイズです。テレビを見ながらでもできるのでスキマ時間で取り組んでみてください。

  • いわゆる合掌のポーズ(いただきますのようなポーズ)をとってください。そのまま、手のひらを押し合わせるように力を入れて、脇の下や胸筋に力が入るように力を入れます。そのまま30秒間キープ!やりすぎると筋肉痛になるのでほどほどに。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事