MENU

CLOSE

女性ホルモンがバストアップに与える影響とメカニズムとは

女性ホルモンがバストアップに与える影響とメカニズムとは

211views

カテゴリ:未分類

女性ホルモンがバストアップに与える影響とメカニズム

乳腺を増やすのはエストロゲン

バストアップの方法はいろいろありますが、大きく分けて女性ホルモンを増やすものと、バストの位置を適正化させるものがあります。後者の例として挙げられる筋トレやエクササイズも大きな効果はありますが、あくまでバストを本来の大きさに戻すだけです。それ以上にバストを大きくするためには、バストを発達させるための女性ホルモンが必要です。

ところで、なぜ女性ホルモンがバストアップに影響を与えるのでしょうか?それは女性ホルモンであるエストロゲンが乳腺を増やすからです。女性のバストは乳腺とそれを守る脂肪が1:9の割合で作られています。ちなみに、乳腺の割合が多いほどハリのあるバストになり、脂肪の割合が多いほど柔らかいバストになります。

日本人のバストは脂肪が多めで柔らかく、欧米人のバストは乳腺が多めでハリがある傾向です。いずれにせよ、バストは乳腺の増加に伴ってそれを守るように脂肪が増えていきます。だからこそ、バストアップのためには女性ホルモンが欠かせないのです。

サプリメントやマッサージの他にはピルを飲むことも効果を発揮する場合がありますし、女性ホルモンだけでなく成長ホルモンも増やすことでさらにバストアップを促進させることができます。そのため、バストアップには規則正しい生活も効果的です。

プロゲステロンもバストアップに関わっている

ところで、女性ホルモンとバストアップと言えばいつもエストロゲンの話ばかりが出てきます。確かに、エストロゲンには乳腺を増やす他にも肌のハリをもたらすことや、ヒップラインに脂肪をつけることなど女性らしい見た目を形成するための効果があります。しかし、もう一つの女性ホルモンにはバストアップ効果はないのでしょうか?

実は、プロゲステロンにも乳腺を大きくするというバストアップ効果があります。また、バストの形をしっかりさせるためにもプロゲステロンは関わっていますし、バストアップ以外のところでは子宮内膜の厚さを適正にすることや、骨粗しょう症の予防効果も期待されています。

よって、エストロゲンを増やすことは大切ですがプロゲステロンも十分に分泌させることがバストアップには重要と言えます。女性ホルモンを安定させるには規則正しい食事と睡眠を心がけましょう。

女性ホルモンを増やす方法はこんなものがあります

マッサージで血行とホルモン分泌を促進

さらに、女性ホルモンを増やしたいのならマッサージがおすすめです。バストやその周辺には女性ホルモンの分泌を活性化させるツボがあるのでバストを優しくマッサージすることはバストアップや美容に良いと考えられます。

また、バストをマッサージすることは血行やリンパの流れを良くすることもできるので単純にバストの代謝をアップさせることができます。普段ブラジャーをつけているとバストが締め付けられてしまうので、マッサージはバストの冷え対策にもお勧めです。

サプリメントで体内の女性ホルモンを増やす

さらに、サプリメントで女性ホルモンを補うこともできます。サプリメントの場合はエストロゲンの代わりに植物性エストロゲンと呼ばれる成分を使います。これは体内でエストロゲンとして働くものの、エストロゲンよりも緩やかな効果を持つ成分の総称で、エストロゲンをそのまま摂取することに比べて副作用も起きづらいと考えられています。

もちろん、女性ホルモンを増やすことはバスト以外にも効果があるので、サプリメントの摂取が意外な作用をもたらすこともあります。一方でサプリを飲み過ぎるとホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。あくまでも適量を継続的に飲むようにしてください。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事